104 真鍋島

2019/1現在情報


住所


電話番号


緯度経度


用途

漁港 定期船乗り場 短期係留


形態

桟橋横つけ 横抱き


概要

瀬戸内海の離島の真鍋島。観光というほどの物はあまりないが島の食堂が有名で数多くの芸能時やスポーツ選手がお忍びで訪れる島。猫が多く猫の島としても観光客に人気。知るひとぞ知る秘境の島。定期船でも日帰りで行けるが食堂の古民家1棟貸切に泊まるのも楽しい


WIFI状況

なし


買い物

なし


給油

不明。どうしてもなら漁協か食堂のおばちゃんに相談


修理設備

なし


食事

食堂「漁火」小さい食堂だが新鮮な魚料理が格安で死ぬほど堪能できる。芸能人もたくさん訪れる。事前の予約または問い合わせが必要


交通

倉敷から定期船が出ているが他の島も経由する


風呂

漁火の民宿に手作りの露天風呂。お湯を貯める必要がある。民宿内にシャワー


トイレ

漁火に相談


洗濯

なし


台風

漁船に横抱きすれば多少はしのげる可能性あり


給水、給電

電気は漁火のポンツーンにつけれたら100ボルトコンセントがある。2芯の家庭用コンセントが必要。水はポリ缶程度なら漁火に頼める


ゴミ処理

不可。漁火に宿泊したら島内で出たゴミなら常識の範囲で処分してもらえる


アプローチ方法、注意

アプローチはそれほど難しくない。港は岬が重なっていてわかりにくいが近くに行けばすぐにわかる。あまり南側の岬に近寄らないよう注意。浅い所もある。入り口に数カ所漁網があるが旗が浮いているのでよく見て進入する。出入り口も特に注意するほどの所は無い


港内の注意

港に入ってすぐ前に大きな桟橋がある。ビジターはここにとめれるようだがどこかに許可をとる必要があると思う。漁火で食事、または宿泊する場合は漁火の手作り桟橋に止める(漁火の漁船に横抱きになるかもしれない)事ができる。他の場所には勝手にとめれないので注意


近隣宿泊設備

漁火


ビット

入り口の桟橋には数カ所ビットがあり詰めれば片側ヨット3艇はとめれる

漁火の桟橋はどこにとめるかにもよるが柱とかビットとか適当に見つけてもやう


観光

不明


その他