ヨット人命救助のための実践体験トレーニング

2020/11/14

皆様、ヨットマンとして当然ながら安全に乗ることを大事にされていると思います

船の装備に関してもそれなりに準備されていると思います

事故が起きないことが一番なんですが、実際事故が起きて救命事態が起きることは一生のうち数 回に満たないと思います

こういう事態に備えていざという時に速やかに行動しなければいけないのはもちろんですが、実際 その立場になった気持ちというのは事故当事者しかわかりません

 

そうなった時にどのような心理状態になるのか、どのような気持ちになるのか
座学や口伝えではなかなか伝わりません
いざとなった時に使い方がわからない、やり方がわからないでは全く役に立たない知識です

つきましてはこの度、救命救助にスポットを当てた体験トレーニングを企画します

いざという時にどのような行動をとるべきなのか どうやって道具を使うべきなのか 体験を通して学び、今後の貴

艇のご準備にお役立ていただいたらと思います

 

1 ヨットの安全装備について
2 安全な服装について
3 実際に海に入って海上からヨットを見ます。ヨットからは落水者の状態を観察
4 実際に浮環を投げて落水者を引き寄せます
5 もし可能ならヨットから落水を体験します(厳重な浮き具着用のもと)
6 実際にヨットから落ちるのがどのような衝撃なのか体験します(希望者のみ)
7 落水した状態からヨットに上がる体験をします
8 ライフスリングで落水者を実際に引き上げる体験をします
9 自己点火灯の使い方と実際に使ってみます
10 実際にヨットで航行中からの落水者救助を体験します(帆走中の場合と機走中の場合) 11 引き揚げた時の対処方法と応急処置、AEDの使い方

 

実際に海に入る状況になります。

できれば水着ではなく普段のセーリングギヤでの体験が効果的 と思います。

着替えなどご準備ください 泳げない方、水が怖い方は無理のないようなやり方でやります(強制ではありません) 実習はヨット2艇によるアシストで行います

今回のトレーニングは保険保証対象外になりますのでご自身で適切な保険にご加入ください

実習期間 1日(約8時間) 参加費用 30000円(税別)

場所 尾道水道沖の穏やかな海域